同じマンションの隣の部屋の黒人さんとセフレの関係です。

最初は挨拶を交わすぐらいだったけど、だんだん話をするようになり、英会話を教えてもらったりもした。
ジョーイ(黒人の名前)に何回も告白されたけど、外人は恋愛対象外だったので、いつも断っていた。

ある日、二人でご飯を食べに出掛けた帰りの車の中で、ジョーイがいつもとは違い、積極的に迫ってきた。
最初は手を繋ぐだけって言ってきたのに、「キスしていい?」って聞いてきて、キス以上はしない約束でキスをした。
その時スカートの中に手を入れてきて、パンツの上から触ってきた。
私はずっと「無理無理!」って言ってたらジョーイは諦めてくれて、そのままマンションまで送ってくれて部屋の前で別れた。

部屋に戻り、さっきの事を思い出し考えていると、だんだん体がムラムラしてきて欲求が押さえられなくなり、ジョーイの部屋に行き「抱いて!」ってお願いした。
そのまま玄関で激しいキスをされ、服を脱がされ、お互い全身を舐めあい、立ちバックで入れられ、駅弁をされ、ソファーに行き正常位で一発目が終わった。
ゴムをしてなくてお腹の上に出されたけど、大量に出ててビックリした。

ジョーイは二回目を要求して来たけど、あまりの大きさと激しさに、私の体力は無くなった。
二人で裸のままベッドに横になって話をして、ジョーイが「付き合えなくても良いから、セフレになりたい」って言ったので、私はOKをしました。
それから当分は毎日ジョーイとHをしていました。
だんだんマンネリ化してくると、いろんな玩具を試されたり、コスプレで色々な格好をさせられたり、変な下着ばっかり付けさせられたりした。

この前は二人でアメリカに行き、人が少なくて結構穴場な海岸に連れていかれ、ジョーイに渡された水着を着た。
下はTバックで、上は超極小ビキニだった。
乳首がギリギリ隠れる位の布しかなく、Eカップの私の胸だと少し動いただけでポロリしちゃいそうでした。
人前でヤラシイ格好をした事がなかったのでメチャクチャ恥ずかしかったけど、海外と言うこともあって次第に大胆になれた。
そのまま海岸の隅の方でHをしていると、地元の少年達にジロジロ見られていたけど、それもまた快感になっていた。
今じゃあもぅ、恋人以上の関係かもしれません!