これは俺が大学4年の時の話だ。

俺にはつき合って3年の彼女がいた。
彼女が高校の時2年間つき合っていた彼氏にふられて落ち込んでいるときに俺は最低だけど付け込んだ。

俺とつき合ってからも彼女は元彼を忘れられないようだった。
高校のときの話になると切なさそうな顔をする。

正直自分のことを好きになってくれない女とつき合うってのはすげぇ辛かった。
別れようか迷った。

でも俺は彼女が好きで好きすぎて手放すことができなかった。
例え彼女が俺を想ってくれなくても俺が彼女を想っていたかった。
完璧に俺のエゴ。

3年間つき合って俺と彼女はやっと体を重ねた。
何回もしたいと思ったことはあったけどできなかった。
元彼と比べられるのが恐くて。

俺と彼女が初めてしたときは彼女から誘ってきた。

「◯◯、あたしとエッチしたいって思わないの?」

「な、なんだよ急に」

「だって、、、。一回もあたしのこと求めて来たことないから」

「別に。俺も男だから人並みに性欲あるけど」

「じゃあ、抱いて?」

彼女の一言に俺の息子はそびえたった。

「あっ」

俺は彼女を押し倒して胸を揉んだ。

「もっと激しく」

彼女はハードなのが好きみたいだ。
元彼とのセックスは激しかったんだろうな。
念願だったセックスができるというのに彼女の元彼のことばかり気にしてる俺。
激しく女々しくてうざい。

俺は彼女の服を無理矢理脱がせた。
下着も無理矢理奪った。

「いやぁっ!待ってよぉまだ早いってば!!!!」

そう叫ぶ彼女の中に俺は息子を挿入。
まだ濡れていない彼女に無理矢理ねじ込んだ。
今考えればレイプみたいなもんだ。
最低だな。
好きすぎてとか言ってる割には行動がおかしい。

「ああん!あんあん、あんあんんん、あ、あ、あ、ん」

本能のままに彼女を突き上げた。
彼女は顔を歪ませている。

「いやぁ、ん、ん、あぁん、あああ」

元彼にまけたくないという思いで俺は必死に突き上げ続ける。

「◯◯のセックス、、元彼に少しにてたよ」

俺とした後の言葉がそれだった。
結局は元彼と比べられてしまう。

「ん~、、。まさきぃ」

俺の腕の中で眠る彼女の口からでた名前は俺のものじゃなく、、元彼の名前だった。

プルルルップルルルッ彼女の携帯がなった。
彼女に電話してきたやつは、、まさき。
元彼だった。

「なんで?」

昔に別れたやつから電話かかってくるなんておかしーだろ。
彼女は。

浮気してんのか?
俺はメールボックスを開いた。

「まさき、今日も彼女とデート終わったら抱いてくれる?」

送信ボックスを俺は次々とみていく。

「彼氏が抱いてくれないから欲求不満!早くまさきに抱いて欲しいよー」

「二番目の女でいいから抱いてー」

まじかよ。

「今日は24時にまさきんち行くね」

一番最近のメール内容がこれだった。
これから、、、元彼と会うみたいだ。

「おい!◯◯起きろ」

俺は彼女を起こした。

「どうしたの?きゃあ?!」

俺は彼女の胸を鷲掴みにした。
彼女は驚いてるのか俺の事を目を見開いてみてる。

「足、開けよ」

「え?」

「いいから開けっつてんだろ」

俺は彼女の足を開いてあそこにしゃぶりついた。

「あぁあん!あっあああああん!!!」

嫉妬心から彼女をモノのよう扱ってしまう。
彼女のクリを舌先でつつき指を侵入させる。

「うっあん、ああ」

彼女の喘ぎ声が段々大きくなっていく。

「いれるぞ?」

俺は根元まで一気にさしこんだ。

「ひゃあぁあん!!!!!!」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

「あんあんあんあんあんあん」

俺はバックで彼女を犯した。

「だすぞ!」

「ああああああああんんんんん」

俺と彼女は一緒に果てた。

「ごめん、、、。帰るね」

セックスが終わった頃には23時を回っていた。

「泊れば?」

元彼のとこへなんかやりたくなかった。
だから引き止めた。

「これからすごく大切な用事があるの」

彼女は俺に笑いかけた。

「ふーん。頑張れよ」

何言ってんだ俺。
元彼に抱かれるの頑張れつってるみたいじゃんか。
彼女はハイテンションで俺の前から去っていった。