やっぱ、ヤリ逃げするなら、派遣社員だね。
採用も犯るのを前提。

今月から来ているS美をそろそろいただこうかと、週末に飲みに誘ったら、アッサリOK。

居酒屋でしこたま飲ませて、カラオケルームへ(いつものパターン)。
あっという間に終電時間。

「ここで始発まで待つか?」
「仕方ないですね」
「ちょっと、膝枕してくれ」
「えぇー・・・」

あとは寝たふり。
S美が眠ったのを確認して、スカートの中へ手を突っ込み、太股を擦っていたが反応なし。
今度は下着とストッキングの上から、割れ目に沿って指を這わせていると「うーん・・・」と目を覚ます気配。
俺はそのまま寝たふりをしていたら、S美は再び眠りの世界へ。
下半身はやばいと思い、今度は服の上から胸を揉んでいた。
起きる気配が無いので、そのまま揉みつづけていた。
いつのまにか俺も本当に眠ってしまい、始発の時間となってしまった。

S美は本当に気がつかなかったのかな?
意外とS美も眠ったふりをしていたのではないかと思う。

派遣の契約期間も3ヶ月だし、遊ぶにはちょうどいいか。
S美の彼氏は遠距離恋愛らしいから、オモチャにするにも都合いいし。
来週、もう1回誘って、ついてきたら犯る予定。
彼氏とはご無沙汰らしいので、少々無理やりでも犯ったら、後は俺の言いなりだろう。

ちなみに、俺の会社は3ヶ月単位で派遣社員を採用しているが、S美は3人目のオモチャになる(予定)。
S美とのことは、後日また投稿します。

S美の前にオモチャにしていた2人についてお話します。
同じようなことを考えている方、参考にして下さい。

まず1人目のM紀。
こいつは20歳台独身、彼氏有、Dカップ。

まず最初は飲み。
相手が酔った頃にエッチな話題で誉めまくった。
と言ってもイヤミにならない程度に。

「おっぱい、大きいよね。うらやましいな。きっと彼氏も自慢してるよ。(M紀も)堂々と自慢していいと思うよ。きっと他の女の子も羨ましいと思ってるから」
「肌、きれいだね。手入れとか時間かけてるでしょ」
「俺がM紀の彼氏だったら、毎日デートして、毎日抱くと思うよ。結婚したら、1日2回は(SEXを)するな」

・・・なんてことを喋っていたわけです。
ご存知のように、あくまでこれは伏線なんですけど。

そして最後に冗談ぽく「1回でいいからオッパイさわらせて」と言います(誰に対しても)。
90%くらいは「ダメ!」に決まってます(当たり前ですが)。
でも10人に1人くらいは「OK!」もいます。

M紀の場合はもちろん「ダメ!」でした。
この日(初日)はこれ以上、押したりしてはいけません。
あくまで「いい人」という印象を植え付けるのが目的ですから。

2回目は2人きりになる環境造りです。
飲みに誘うのもいいけど、俺の場合はこうです。

「今度の土曜日、ちょっと(仕事)手伝ってくれないかな?時給は払えないから内緒だけど、終わったら、自腹でご馳走するから」

これでOKなら、もう半分挿入したようなものです。
土曜日は休みなので他には誰もいません。
しばらく仕事をして一息ついた時に、いきなり胸に掴みかかりました。
M紀はすごい抵抗をしましたがGパンのファスナーを開け、そこから一気に下着の中に指を突っ込み、アソコを刺激します。

「やめて・・・いやー」
「でも下はこんなになってるよ」
「いやー・・・それ以上やると本当に怒りますよ」
「じゃあ、ここまでならOK?」
「もぉ・・・本当に・・・うっ・・・あっ・・・」

ここでM紀もおとなしくなりました。

「キスしていい?」
「ダメ、キスは絶対にダメ!」
「彼氏だけ?」
「そう、彼氏・・・」

言い終わらないうちに唇を塞ぎ、舌を絡ませます。
M紀から舌を入れてきませんが、無理やり舌を絡ませ、唾液を注ぎ込みます。

「うーん・・・」

この頃にはM紀のアソコは洪水状態です。

「やっちゃってもいい?」
「だめ・・・うっ」
「少しだけ」
「いやっ・・・あっ」

とりあえず指マンでいかせました。
その後

「飲みに行こうか?」
「奢ってくれる?」

居酒屋で飲んで、その後「M紀を抱きたい」と言ったら、あっさりOK。
その日は泊まりで楽しみました。

その後、M紀とは週1のペースでSEXしました。
契約期間が切れた後も、しばらく続いていましたが、2人目の派遣との関係が始まった頃から、あまり会わなくなりました。
呼び出せばいつでも来る女(日曜日は彼氏と会うのでダメだったが)だったのですが、最近はその彼氏とうまくいっているのか、連絡も来なくなりました。

2人目はM穂。
30歳、人妻、Eカップ。

やっぱ人妻は難しいね、時間がとれないから。
M穂の場合は旦那が出張多くて、それで派遣やってるらしい。
派遣で貯めたお金で友達と海外旅行へ行くと言ってた。
やっぱ、最初は飲み。
旦那が出張でいないときに。
その時に色々と家庭内の悩みとか聞いてやって。
エッチな話は一切しなかったけど、けっこう飲ませてカラオケへ。
さすがに最近、遊んでないみたいで、相当盛り上がって深夜2時。

ラブホで泊まることになったが、「SEXは絶対しない。変なことしたら会社にばらす」とか言うんで、「大丈夫だよ、信じてよ」で、とりあえずチェックイン。

交代で風呂に入ってビールとか飲んだりしたら、M穂は眠くなったみたいで、ベッドに横になった。
俺がとなりに寝ると「変なことしないでね」。

しかし、ラブホまで来て何もしないわけにいかない。

思い切ってキスしたら

「私、結婚してんだよ」
「じゃあ、たまには旦那以外の男に抱かれるのもいいかもよ」
「いや、そんなつもりできたんじゃない」
「それじゃあ、そんなつもりにさせてあげるよ」

・・・と、ストッキングとパンツを一気に引き摺り下ろし、無理やりアソコを舐めまわしてやった。

「いやー、変態・・・うっ、うっ」と泣き出した。

「こんな所に、他の男といることバレたら、旦那、どうするかな」
「いや・・・やめて・・・うっ・・・あっ・・・」

いつのまにか泣き声が悦びの声に変わっています。

「どうせなら、楽しんだ方が、お互いのためだぜ」
「あっ・・・許して・・・うっ・・・」

旦那ともそんなにやっていないのか、M穂のアソコはきれいなピンク色です。
さんざん、そのピンクの花芯を味わった後、前々から目をつけていた100センチはあろうかという乳房に手をかけました。

服をめくりあげようとすると

「ダメ、見ないで」
「なんで?」
「どうしても」

そんなの、おかまいなしにセーターをめくり上げてブラをむしりとると、茶褐色の大きな乳輪。

「いや、見ないで」
「旦那には見せてんだろ」
「旦那にもあまり見せたことないの」
「じゃあ、やる時どうしてんのよ?」
「上は着たまま」
「そしたら俺は旦那よりM穂の体をよく見ているってことだ」
「だから、お願い・・・」
「旦那よりかわいがってやるよ」

胸を隠すM穂の両腕を掴んで押さえつけ、乳首に舌を這わすと「うん・・・うん」とよがっています。
今度は軽く噛んでやると

「あっ・・・うー・・・」

旦那も服をきたまんまじゃ、せっかくのオッパイも味わえないで気の毒。
その分、俺が味わってやるか。
愛液の量は少なかったが、それでも挿入すると締め付けてきた。

「旦那とは中出しか?」
「子供はまだ作らないから、中で出したことはない」
「じゃあ、俺が最初の中出しになるな」
「いや、それだけはやめて」
「そしたら、こうしよう。俺が先にいきそうになったら外。M穂が先にいったら中」
「いやー・・・もぉ・・・い・・・く」

ますますピストンを速めると「だめっ・・・中は・・・あっあっあっ・・・あー・・・」とグッタリしてしまいました。

俺もすぐに「じゃあ、俺もいくぞ」と中に注ぎ込んでやった。
M穂も諦めて、その後グッタリしたまま。
結局、その後2回中で出して、ホテルを出ようと、着替えているM穂を見てたら、又やりたくなって、スカートを捲り上げ、服を着たままバックから中出し。

M穂はグッタリして立てなくなったので、そのままフリータイムへ突入。
旦那は今回の出張で2週間帰らないらしいので、その間、俺のオモチャになることを誓わせ、陰毛を剃ってやった。
嫌がったが、2週間もすれば、元に戻るからと言って納得させ、ツルツルにしてやった。

その後の2週間、会社の中や公園、デパートの駐車場などで、さんざん犯してやった。
旦那が帰ってきて数日後、派遣の契約期間終了前にM穂は辞めてしまった。
どうやら、旦那が辞めさせたらしい。

陰毛は生え揃っていたが、前日に俺がつけた足の付け根のキスマークはクッキリと残っていたからな。