俺が小学校5年生のころ、近所で仲のいい同級生の男俺含め3人、女2人のグループにいた。
1人(A子)が凄く可愛くて、もうひとり(B子)は顔が濃くてブスだった。

俺たち3人はみんなA子が好きでいつもA子のことひいきしてB子が「あんたたちいっつもA子ばっかひいきして、ほんと腹立つ!!(笑)」って感じの仲だった。

夏休みにプールから帰ってきて、男女で変わりばんこでお風呂入っていたとき俺たち男3人がそろそろ女たちが風呂からあがったかと脱衣所に入ったらまだ二人は着替える前だった。

A子とB子の裸が丸見えだった。
俺は当然A子に注目した。
少し胸が膨らんでて毛も生えてなくて平均的な小学5年生って感じだった。

ついでにB子のほうに目を向けてみたところ胸はむしろA子よりなかったけどあそこの毛がボーボーで真っ黒だった。
俺はものすごく興奮した。
A子の裸ではなくB子の陰毛に。

風呂の中で男3人で、

「なあ、B子の見たか?」

「うん、凄かった真っ黒だったな」

「俺の母ちゃんより濃かった」

「俺も」

「俺も」

って感じで。

その夜俺はB子の真っ黒でボーボーのマン毛でオナニーしまくった。
しばらくはB子で抜きまくる日が続いた(20過ぎた今も)。

ちなみにA子でオナニーすることはなかった。
それ以来B子のほうを意識するようになり俺はB子と仲良くなるようになった。
ほかの2人もB子に優しくするようになった。

A子は突然俺たちが態度を変えたのが面白くなかったのか違う友達グループに行ってしまった。
俺は本当にB子が好きになってしまい1ヶ月くらい経ってB子に告白したが振られた。
その後気まずくなってB子と会わなくなってしまい、12月には俺ともう1人の男(A男)を残して幼馴染グループは解散してしまった。

高校になって男3人が久しぶりに集まったときに、そのときの話になったのだが。
A男じゃないほう(B男)は、実はB子にすぐに告白して付き合ったらしい。

告白したきっかけはやはり大人以上に茂った陰毛だったとのこと。
とにかくボーボーのマン毛はエロくて興奮しまくりだった、今はもう別れたが、毛深い女っていいよなと自慢してきた。

俺はとにかく羨ましくてしょうがなかった。
あれ以来毛フェチに目覚めてしまいその頃(今も)も現在進行形だったからだ。

帰り道A男と2人になったときA男は実は俺、あの後B子に告白したんだ。
と言ってきた。
振られたけどあれ以来毛深い女が好きになったとのこと。