img
病院事務をやっている芳絵さんといい仲になりました。

1m70cmもある大女ですが、雰囲気が良いんです。
43歳と言っていました。
そして一女の母です。

旦那さんは大手コンピューター関係にお勤めです。

なに不自由ない家庭に見えますが、なかなか現代は複雑なんだなあと思います。
それぞれの自由とか不自由とか言いつつ、厄介らしいです。
でも、私もそんな旦那さんの会社の下請け関連で働いているので、旦那さんのストレスもわかります。
ありがたいのは旦那さんの夜の帰宅が遅いのと、休日でも出勤することもあることです。

ラブホでは、思いっきり声をあげる芳江さん。
最初にキッスをしただけで、もうメロメロです。
口を吸われただけで。

(うっそと思うでしょ?でも、なんか久しぶりみたい。)

キスで動転してしまって、後は意識がボーとしてました。
足をMの字で固めたら、もう限界。
その中心部に顔を近づけ、その裂け口のお肉に沿って、ゆっくりと舌を這わせました。

「ふうーん、ふうーん、いやいや、だめ。ねえ、だめだって。そんなとこ」

異様に恥ずかしがって。
だって、旦那さんは綺麗好きで、こういう体験は初めてだそうです。

(うそっ。いまどき?)

・・・と思っていましたが、奥さん、気の遠くなるような顔つき。本当らしい。
初めて(?)の愛撫に、もう顔が真っ赤に上気している。

「汚いのよ、だめ。ね、普通に。ねえ、お願いします。そこ汚いのよ」
「奥さんの体から染み出したんだ。みんな吸ってあげます。おいしい。おいしい」
「いやぁあ、ねえ、だめ舐めるとこじゃないの。ねえ、あああん」

もう、いけません。
この奥さんには刺激が強すぎ。

「あああぁ、いく・・いく・・いくぅ!いくぅ!離して、離してだめ、なんかいっちゃう」
「いってください。さあ、チュウチュウもっといいですか。ここは。この飛び出したこのマメも・・マメも吸っていいですか」
「いやぁあぁ、だめ、ううん、ほんといく・・いく」

・・・と言うやいなや、内股に渾身の力をこめて、「うぐぅ、わっ」と叫びそのまま、放心状態。
すごい声をあげていってしまった。
久しぶりのセックスらしい。
芳絵さんは体の奥からのたまったものを吐き出すように、大きな声をあげていた。
大きな体をゆすらせて。

乳房はとてもかわいらしい。
乳房は釣鐘系で、若い女のようにさすがにツンとはしていないが、先っちょの乳首なんかまだいくらも吸えそう。
ちなみに唇に力を入れて乳首の付け根からしごくように、吸い上げてやると、一気に下の秘門がぬるんで、トロトロの白濁の体液をしとどに流すようになりました。

「いいや、奥さん。奥さんのこのまんこの御汁」
「やめて、言わないで」
「こんなに、いっぱいだしてくれるのに、旦那さん吸ってくれないの」
「ええ、だって女子高からのそれで、ここ吸うのは、若い人とかちょっと変態だけだと思ってたわ。それに、もう、この年でしょ。私の女としての御役ご免だと思ってたから」
「なに言ってるんですか。まだまだ、美味しいですよ。おっぱいもおいしいし。御汁の良いこと」

ホントは、御汁はちょっと酸っぱい。
奥さんはお乳をしごかれるのが好きみたいで、

「もっと強くしごいて。ねえ、強く、強く」

この頃では、慣れました。
先が感じるらしく何時もせがむ。
だから会った時も、こっそりとブラウスの上からも強く握ったりします。

「はあぁ、そおおう」

なんて、色っぽい声で。
そのうち、私の下の男根の辺りのファスナー上を擦って、

「ねえ、ここ、良いんでしょ」

ファスナー開けて、チンチンをトランクスの上から上下にゆっくりと・・・。
また、私も、我慢できなくて。

「だめ、ううん。」
「あら、もう、先っぽ出てきたよ。ほら、布の上からもねばねばしてるよ、K君」

耐えるれそうにありません。
出そう。ホントに。
奥さんのピンクのしなやかな手でこすられると・・・。

出そうになるのを、なんとか誤魔化し、奥さんの乳房へアタック。
こっそり胸元から手をいれて、

「あっ、ブラジャーがない」

乳房の尖塔を指でひねって。

「アアああっ!いいわあ、ねえ、いいの」
「ここへくる前、コンビニでアルバイトの店員がちらちら見るのよね」
「そりゃ見ますよ。だってほら、乳首こんなに硬くなってるんじゃないですか」
「いいの、そう、見られると、余計硬くシコリが・・・ホント言ってもう、下もなんか洩れていそうで・・」

わざとノーブラで、硬くしこる自分の乳首をもてあそんでいます。
女ってこんなに、なっちまうんでしょうか。
なんか急に発情したメスです。

「はやく、そう、もっとつねって。いいの。ぎゅーと。そう。いいわぁ」

痛がるのを楽しんでいたりしています。
あるときは履いてきたストッキングで縄を作り、あの網目のザラザラで、乳房の先を垢すりの要領でこすって遊んでみたりしました。

「いたたたぁー」と絶叫しながら、後から襲ってくるジンわりとした感覚を楽しんでいます。

あたしは、もちろんその場のセックスを楽しみ、もう一度奥さんの付けて来た、そのパンティの中心部につけているライナーをいただいて帰ります。
家で、ライナーの黄ばんだその中心部の観察。
奥さんは左の唇が長くいつも、染みが左に流れ出しています。
そのまた、あそこについている茶色に固まっているカスをじっくり眺めて、奥さんのあのとろりとしたおくちの中を想像しながら、秘園をしっかりと鼻に押し付けニオイをたっぷり。

次の日曜日を待っています。