img
中学校3年の1学期。

周りの頭のいい連中は受験を意識して勉強に励み、あんまり頭の出来のよろしくない連中も周りの雰囲気に『勉強しなくては!』と焦り始めた頃の事。
更に頭のよくない俺は『高校受験などしなくてもいいや』と、3人の仲間と毎日遊び呆けて、学校も行ったり行かなかったり、行っても勉強している奴らを苛めたりからかったりして、かなり素行の悪い生徒達だった。

そんな俺達がある日、生徒指導室に呼び出された。
『呼び出しなんていつもの事、ハクが付いていいや』ぐらいに思って生徒指導室に入ると、いつもの仲間3人と、後輩の2年生2人が5人の先生の前に正座させられていた。

いきなりだった。

「おらぁっ!呼び出し受けたらさっさと来んかぁッ!」と、ゴツイ男の先生に平手打ちされ、俺は吹っ飛び口の中を切った。

俺は仲間や後輩の手前、情けない所を見せたくなくて、「ナニさらすんじゃっ!こらぁッ!!」と怒鳴って先生に掴み掛かったが、「誰にモノ言うとんじゃっ!!」と軽く壁まで押し寄られ、往復ビンタをくらった。
俺はそのまま皆と一緒に正座させられ1時間以上も説教を食らった。

生徒指導室から解放されて、「大丈夫か?」と心配する仲間に、「クソがっ!」と、いきがって見せ、「誰がチクッたんならぁっ!」と誰とも言わずに独り言を言った。
説教の内容は『集団万引きとイジメ』の2件が主で、あと数々の余罪もついでに説教をされた。
俺達はチクッた奴が、イジメの標的にしている『佐藤』本人だろうと目星をつけて、昼休みにお礼参りをした。

佐藤の頭髪を鷲掴みにして、「ワレがいらん事、ペラペラしゃべったんかぁ?」と脅すように尋問して、「な、何の事?僕、何もしゃべってないよ」とオドオドしながら無罪を主張する佐藤の顔を「ウソつくなやっ!」と言って思いっきり平手打ちした。
昼休みの教室の中での事だったので、教室中が静まり俺達を静観していた。

『みんなが俺達を怖いと思っている』と感じる瞬間で、俺はそれが最高に気分が良かった。

そんないい気分をぶち壊す様に、「あなた達、もうイイ加減にしたら?」と言う奴がいた。
俺達はそいつをジロリと睨み付け、「・・何か言ったか?」と低い声で言うと、「あれだけ先生に叱られてもまだ懲りないの?」と、俺達を恐れる風でもなく淡々と言い返した。
それは『三島さやか』と言う女で、しゃべったのはこれが初めてだった。

この女、頭が良く落ち着いていて、可愛いと言うよりキレイ系。
中3にしてやけに大人っぽい雰囲気を持ち、ガキみたいに目立つ事はしない控え目な感じだが、見ようによっては『同学年の男子なんてガキすぎる!』と思っているようなタイプの生徒だった。

「・・俺達が説教された事なんで知ってんの?」と睨みながら問い詰めると、
「まぁ、佐藤くんが言いつけたんじゃ無いのは確かよ」と余裕綽々に意味有り気なことを言った。

その時は教室の中の雰囲気が一気に、三島さやか寄りになったので引き上げる事にした。

俺達は体育館の裏で、「・・あの女がチクッたな」「間違いねぇな」と確認しあい、チクッた事と俺達を軽く見た態度に対し制裁を行うことを決めた。
後輩で中2のテルと陽介が、「誰ですか?」と聞くので、「三島さやかって女だよ」と教えると、「三島って、あのやけに色っぽい先輩っすかっ!?」と興味有り気に聞いてきた。

「お前ら知ってんのか?」と聞くと、「結構2年の間じゃあ人気ありますよ、大人って感じで色っぽくて。・・初めての相手は三島先輩みたいな女がいいなぁって」と熱く語った。

俺達3年は後輩の意見をガキ扱いして笑っていた。
笑ってはいたものの俺達3年もまだ全員が童貞ボーイだった。

2年のテルが「三島先輩って、高校生と付き合ってるらしいですよ」とプチ情報を言ったのに対し、陽介も「ああ、知ってる。ヤリ捲くってるらしいな」と噂話で返した。

俺はその噂話に過剰に反応した。

(俺達を軽く見たのは、まだ童貞の俺をガキ扱いして見下していたのか!)

そう思うと物凄く腹が立ってきて、2年を含めて6人で輪姦す事を決定した。
2年は大喜び、3年も大興奮していた。

思い立ったら即実行。
走り出した若い性欲を止める事は誰にも出来なかった。

翌日の朝、三島さやかの通学路、学校付近で三島さやかが登校してくるのを、『イジメられっ子の佐藤』が待った。
俺達が待ち伏せして逃げられても困ると判断した俺達は、佐藤に「三島を裏門に連れて来いっ!」と命令したのだ。
佐藤は俺達の言いなりだったので、卑屈に笑いながら「分かったよ」とすぐに引き受けた。

裏門そばに部室の棟があり、その中の卓球部の部室に俺達6人は待機していた。
部室周辺には放課後にならないと滅多に人が来ないし、内鍵がかけられるし、敷地を出たところに国道が走っていてうるさいのも都合が良かった。
様子を見に行っていたテルが、「来ましたよっ!!」と興奮気味に戻って来たのをきっかけに、俺の緊張も高まって行った。
俺達は部室の中でそれぞれの所に隠れて2人が入って来るのを待った。

部室のドアが開き、佐藤と三島が部室に入り、「何も無いじゃないの」と何か佐藤に言われて連れてこられた三島が言ったのをきっかけに、俺が出て行き、「俺が呼んだんだよ」と三島に言った。

三島は少しビックリした顔をしたが、取り乱さずに「はぁ・・仕返しでもしようっての?くだらない」と呆れたように言った。

その言葉にムカついた俺は、「いい気になってんじゃねぇぞっ!」と三島の胸倉を掴んで捻り上げた。

「ちょっとっ!破れるじゃないっ!女の子に暴力振るう気!?」と冷静な感じで俺を嗜めた。

俺は三島の言葉を無視して「捕まえたぞっ!」と仲間に号令を送った。

隠れていた連中が出てきて、テルがドアを閉めて鍵をかけ、陽介が部室の照明をつけた、ワラワラと出てきた素行不良の連中を見て三島もさすがに危険を感じたのか顔を青ざめて、「ナニよあんた達、もうすぐ授業が始まるのよ!」と言って俺の手を外そうと必死になっていた。

6人が三島の周りを取り囲む状況に、
「・な、なにを・・、」と言葉を詰まらせる三島に、
「お前、高校生と付き合ってんだって?生意気なんだよっ!」と低い声で脅すと、
「あ、あなた達に関係ないじゃない!」と強気で三島が言い返した。

「・・ずいぶん、ヤリ捲くってるらしいじゃん」と言うと、
「関係ないでしょっ!だからガキって嫌よっ!!」と常に冷静な三島が珍しく声を荒げて言い返した。

三島の言葉にカチンときた俺は、

「だったら、どれ位お前が大人なのか俺達で確かめてやるよ」と意味深に言うと、
「はぁ?!」

・・・と三島が『ナニ言ってんの』といった顔をしたので、

「裸にしてみんなで見てやるよっ!」とニヤッとして三島に言った。

三島は俺の言葉の意味を一瞬理解出来なかったのか、顔をしかめて「えっ!?」と聞き返すような顔をした、俺は「寝かせて押さえつけろっ!」とみんなに号令をかけた。
「イェーーィッ!」とか「ヒューーッ!」とか「ヨッシャアッ!!」とか奇声を上げて、一斉にみんなが三島を押さえつけ、床に寝転ばし両腕と両脚を押さえつけた。

三島は「ナニよーーッ!イヤアーーッ!!」と叫んだがどうする事も出来なかった。

押えつけられて身動きの出来ない三島に、

「泣き叫んでもいいぞ、その方が興奮するから!」と言って馬乗りになると、三島は息荒く「あなた達、こんな事していいと思ってるのっ!警察に言うわよっ!!」と俺を睨みながら言った。

「いいよ、ポリでもセンセーでも誰にでも言えよ」と言って、三島のシャツのボタンを外し始めた。

三島は脱がされ始めた事に焦って、「ちょっと!ヤメテよっ!何するのよ!」と暴れて抵抗し始めた。

俺は鬱陶しくて三島の顔を平手で思いっきり殴って、「ウルセーんだよッ!」と怒鳴ると、三島は気丈にも「女の子にッ暴力振るわないでよっ!」と叫んで言い返してきたので、拳を握って見せ「大人しくしてねェと、鼻へし折るぞッ!」と脅した。

三島は押えつけられたまま無言で俺を睨みつけた、その顔を見た時、『こいつ美人だな』と思った。
それから三島は少し大人しくなり、俺は三島の制服のシャツのボタンを全て外し、ブラジャー姿を皆に見せた。
中学生の俺達には女のブラジャー姿は刺激的だった。

みんな奇声を上げながら興奮をあらわにし、俺も鼻息を荒くしながら努めて冷静を装い、「バッカ!ブラだけで喜んでんじゃねェよ、三島のパイオツ見るぞ!」と言って、緊張して興奮の極地にいた俺は皆を焦らす事も、三島を嬲る事もせず、一気にブラジャーを摺り上げて、三島の乳房を皆に晒した。

「オウ、オウッ!!」
「ヒョェーッ!」
「ヤリィーーッ!」
「スッゲエーッ!」

興奮を紛らすように皆が三島の生オッパイを、女の乳房を初めて見て奇声を上げて悦んだ。
俺も三島の2つの膨らみとてっぺんのポチッとした小さい乳首を見て、興奮し、「ヘイ、へーイッ!三島さやかのパイオツです!みんなジックリ見ろよ、大人の女のオッパイらしいから!!」と三島を辱めた。
三島は無言で悔しそうに顔を横に背けていたが、恥ずかしさで顔を真っ赤に染めているようにも見えた。

「三島ァ、どんな気分だァ?みんなに見られた感想は?」と三島をなじりながら、三島の乳房を両手で掴み揉んでみた。

(ああ、女のオッパイだ!柔らけェ、気持ちいい!!)

初めて触る女の乳房に感動し興奮しつつも、経験者のように平全を装って「オーッ!三島のパイオツ柔らけェなァ、こりゃ堪んねえぞっ!!」とみんなに感想を言い、「三島ァ、気持ちいいかァ?」と下品な笑いを浮かべて三島を甚振ってやった。

三島は顔を背けたまま、

「触んないでよっ!バカッ!!」と悔し紛れに言ったが、
「そんな生意気なこと言う女はこうだっ!」と、2つの乳首を摘み捻ってやった。

「グウゥゥッ・・」と痛みに耐える三島を子気味良く感じ、右乳首を口に含んで『チュウ、チュー』吸ってペロペロ舐め回してやった。

初めての女の乳房と乳首の感触に時間が経つのも忘れ子供のように乳房を揉み、乳首を舐めていると「俺らにも揉ませろよ!」「早く替われよ」と仲間達が急かしてきた。
仕方なく、「三島ァ、みんなもお前のパイオツ揉みたいんだってよ、揉ませてやれや」と三島に言って、三島の腹の上から退いた途端、三島は2人がかりで乳房を蹂躙され始めた。

「スッゲーッ!柔らけェ!」
「女のパイオツだァ!気持ちいいっ!!」
「乳首、チクビ、ちくびーっ!!」
「やったァ、やったァ!!」

歓喜の声を上げながら三島の乳房は代わる代わる皆に蹂躙されていった。

三島も途中で屈辱と痛みに耐えられなくなったのか、「いい加減にしてーっ!もう、このバカッ!イタイーッ!!」と叫び出していた。
2年生達は「三島先輩のオッパイ、三島先輩のオッパイ!」と言って狂ったように三島の乳房にむしゃぶりついていた。

俺はその最中で「おい、マンコ見てやろうぜ!」と皆に号令をかけた。

みんな、「お、オオウっ!」と戸惑いながら期待した。

後輩の執拗な責めに必死で耐える三島には俺のその声は聞こえていなかった。
スカートのフックを外す作業も三島は最初気が付かず、一気にスカートを脱がした時に「ナ、ナニッ、何するのよっ!」と薄いピンクのパンティー姿にされて叫んだ。
三島のような大人びた女のパンティーはまた格別にいやらしく見えみんなを興奮させるには充分すぎた。
暴れてバタつかせる足を3人がかりで押えつけて、「パンティー脱がしてお前のオマンコみんなで見てやるからな」と三島に言った。

「ヤメテェーーーッ!!」

三島は心の底から叫んだ。

「マジっすか?マジでマンコ見るんすかァ?」と色めきたつ後輩に「当たり前だろ!大人かどうか確かめんだからよっ!」と笑いながらパンティーに手をかけた。

三島はプライドを捨て、必死に「ヤメテ、お願い!もう許してっ!」と頼んできたが、「やめて、絶対に・・・!!」と哀願の途中で言葉を失った。

その代わりに「オオオオォォッ!!」「バッチリ生えてんじゃんっ!!」「スッゲェ!マン毛、マン毛!!」「おいっ!割れ目もバッチリ見えてんじゃん!!」と言う卑猥な言葉が飛び交った。

三島のピンクのパンティーは太ももの途中まで脱がされ、生え揃っていない陰毛が猥褻な、剥き出しの股間がみんなに曝け出されていた。